日本の年中行事

日本の伝統文化や年中行事を1年を通じて紹介。歳時記

鏡開きとは?いつ行うの?関西(大阪)や関東で日が異なる理由

   

鏡開き

お正月に向けて年末に準備した鏡餅、年神様が宿る場所だったということは以前書きました。

【関連】お正月の飾りつけはいつから?門松、しめ縄や鏡餅の意味と場所

その鏡餅を下す時期が年始にやってきます。

では鏡開きとはいつ行うのでしょうか?関西(大阪)や関東(東京)で日が異なっています。詳しい意味についてもご紹介します。

スポンサーリンク

鏡開きとは?

鏡開き

鏡開きとは、年神様が宿る場所だった鏡餅を割り、無病息災を願いながら、お雑煮やお汁粉、ぜんざいにして食べる行事です。

鏡餅の鏡とは、お餅の丸い形が昔の銅鏡に似ているからだと言われています。

お餅をお供えし、開き、食べることで、1年を幸せに過ごす力を授けてもらうという意味があります。

切るのではなく開く

鏡餅は切るとは言わずに、開くと言います。実際に刃物では切らずに、小槌、木槌などで小さく割って料理をします。その為、「開く」という言葉が使われます。

この意味は、年神様との縁が切れないようにという説があります。また、武士の時代に、刃物で切ることを嫌ったという説もあります。

砕いて細かくなった餅を汁や善哉にいれ、一かけらも残さずにいただきましょう。

 

スポンサーリンク

鏡開きはいつ?

鏡開きの日は11日と15日の2通りあり、各地方によって異なります。

関東(東京)は1月11日が多い

その理由は、江戸時代は1月20日に鏡開きが行われていましたが、三代将軍・徳川家光の月命日と重なってしまったために、11日になったと言われています。

地方によって異なりますが、松の内を1月7日までとする地域では、鏡開きは1月11日に行います

 

関西(大阪)では15日

関西を中心に松の内を15日までとする地域では、1月15日を鏡開きにする場合が多いです。私も大阪出身ですが、15日に行っています。

 

最後に

鏡開きとは?いつ行うのか?についてご紹介しました。関東(東京)と関西(大阪)で松の内が異なることが多いので、その関係で鏡開きも11日と15日に分かれています。

鏡開きをしたお餅はお雑煮やぜんざい(お汁粉)にするのが一般的ですが、油で揚げて塩を振ったかき餅も美味しいですよ。

堅くなっている鏡餅を開くのは、手間と時間がかかりますが、これから1年間、家族円満を願いながら全て食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

 - 1月の暦 ,