日本の年中行事

日本の伝統文化や年中行事を1年を通じて紹介。歳時記

お正月の意味や主な行事、いつからいつまで?元旦と元日の違い

   

しめ縄

1年で特別な行事なのがお正月です。ではお正月には一体何をするのでしょうか?

お正月はいつからいつまで?お正月の行事、元旦と元日の違いについてもご紹介します。

スポンサーリンク

お正月の意味?いつからいつまで?

お正月の飾りつけ(門松・しめ縄・鏡餅)

お正月の意味

お正月とは、新しい年の初めに、年神様を各家庭でお迎えし、新年の五穀豊穣や家内安全、無病息災を願うという意味があります。

食べるものや飾るものに、それぞれ意味があります。年末に準備した飾りつけの記事に詳しく書いているので、それぞれ読んでみて下さい

【関連】お正月の飾りつけ(門松・しめ縄・鏡餅)

 

いつからいつまで?

お正月とは、本来は新年の最初の月のことを表しますが、一般的には年神様が居る「松の内」を指します

「松の内」とは1月1日から1月7日までを言います(又は1月15日まで。地方によって異なります)。松の内の期間に門松を飾ります。

 

スポンサーリンク

元旦(がんたん)元日(がんじつ)との違いについて

元日、富士山と初日の出

漢字が似ている元旦と元日の違いについてご存知でしょうか?

元旦(がんたん)とは、「旦」という字を見てもわかるように、地平線から上る太陽を表す漢字が用いられていることからも、元日の朝を意味します。

また、元日(がんじつ)とは、1月1日のことで、年神様が運んできた服を掃き出してしまわないように、この日は掃き掃除は大休みという習慣がありました。

 

お正月の主な行事

お正月は最初の月を表すことは上で書きました。一般的には7日(又は15日)までを指します。

ではお正月の主な行事とどのようなものでしょうか。複数あるのでその日とともに行事と意味をまとめてみました。

1月1日
  • お正月/元日:準備を整え、年神様をお迎えする行事を行う日
  • 初詣:年が明けて初めて土地の産土(うぶすな)神や氏神様にお参りをする
1月2日
  • 初夢:元日の夜、その年の最初に見る夢のことで、吉兆を占う
  • 書き初め:新年に初めて毛筆で言葉や詩歌を書き、書の上達を祈願する
1月7日
  • 七草粥(人日の節句):若草を食べ、無病息災を祈願する日。正月飾りも外す
1月11日
  • 鏡開き:年神様へのお供え餅を下し、お雑煮やお汁粉などにしていただく
1月15日
  • 小正月:/小豆粥:農業や家庭にまつわる行事日。小豆粥で無病息災を祈る
1月20日
  • 二十日正月:正月の祝い納めとして、仕事を休む習わしがあった
1月31日
  • 晦日正月:松の内(1/7又は1/15)に年回りできなかった家に、正月最後の挨拶に訪れたり、みそか団子を作ったりする。正月最後の締めくくりの日

初夢とは、元日の夜から2日にかけてみる夢のこと

一富士二鷹三茄子の初夢を見ているイメージ

よく間違えがちなのが初夢です。昔は年神様を眠らずにお迎えしたことから、元日の夜から2日にかけて、その年の初めて見る夢を言いました。

どちらかがわからなくあることが多いので、「31日から1日は徹夜でお迎えした」と覚えておけば、忘れずに済みますね。

「一富士、二鷹、三茄子」はとても縁起のよい夢だと言われています。「富士は無事、鷹は高く、茄子は事を成す」から来ています。

 

悪い初夢を見た場合は?

もし悪い初夢を見た場合は、「昨夜の夢は、獏(ばく)にあげます」と三回となるとOK。獏は夢を食べる幻の獣です。

良い夢を見るために、以前から宝船の絵や「獏」と書かれた紙を用意し、枕の下に入れておくと良いと言われています。

スポンサーリンク

 - 1月の暦