二十四節気

季節は太陽に関係しています。月と太陽の動きを組み合わせていた旧暦は、年ごとに季節と月日にずれが生じてくるため、二十四節気を暦に取り入れ、季節の指標にしてきました。

二十四節気(にじゅうしせっき)は太陽の動きをもとに作られているため、旧暦(太陰暦)から新暦(太陽暦)になってもそのまま使えることで、現代の暮らしに大いに役立っています。

中国で始まった二十四節気が日本に伝わったのは飛鳥時代と言われています。

農耕民族である日本人は、特に農業で種まきから収穫までの大切な目安日として取り入れてきました。

二十四節気の表

二十四節気は1年間の太陽の軌道をもとに、15日ずつ24に分けています。

日照時間が一番長い夏至と、その反対、最も日照時間が短い当時で二等分し、昼と夜の時間が同じになる春分と春分でさらに二等分。

それらの間には立春、立夏、立秋、立冬が入ることで、全体が8等分されます。最後にそれを3等分し、季節を表す名前を付けています。

※二十四節気の詳細についてはリンク先から読むことができます。

1月7月
6日頃小寒7日頃小暑
21日頃大寒22日頃大暑
2月8月
4日頃立春7日頃立秋
19日頃雨水23日頃処暑
3月9月
5日頃啓蟄7日頃白露
20日春分22日頃秋分
4月10月
4日頃清明8日頃寒露
20日頃穀雨23日頃霜降
5月11月
5日頃立夏7日頃立冬
20日頃小満22日頃小雪
6月12月
5日頃芒種7日頃大雪
21日頃夏至21日頃冬至

 

ホームページに戻る

Copyright© 日本の年中行事 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.