選日とは?意味や由来、一覧について

選日:日めくりカレンダー

昔から日本では日めくりカレンダーなどで、選日が用いられています。

「選日とはどういう意味なのか?」「選日一覧」について紹介します。

 

スポンサーリンク

選日とは?意味や由来について

選日:日めくりカレンダー

選日とは、暦注の中でも、五節句雑節年中行事などに含まれないものの総称です。

昔から日本人は人間社会で生活する色々な事柄において、あらゆる角度から、それぞれの日の吉凶を詳しく調べて表していました。

読み方は「せんじつ」。「撰日」とも書き、別名「雑注」とも言う場合があります。

一例を挙げると、「この日(○月○日)はこのような日柄であることから婚礼には吉の日である」という使い方です。

その名残りは、今でも残っており、主に冠婚葬祭日々の占いなどで使われています。

近くに良い日であれば、その日を選択することが多いと思います。

「選日」による吉凶の取捨選択により、縁起をかつぐことは、今でも変わらず使われています。

 

スポンサーリンク

選日 一覧

選日一覧。干支(十干十二支)の組み合わせによって吉凶を占います。

※土用は雑節ですが、選日にも取り上げられるのは、土木工事など土を動かす日吉凶に使われることがあることから一覧に入っています。

 

宝くじはいつ買うのがおすすめ?

選日の「一粒万倍日」や「天赦日」「天一天上」に宝くじを買うのはおすすめです。その他「大安」など。

関連【2021年】宝くじを買う日はいつがおすすめ?縁起の良い日カレンダー

関連記事と広告

-

© 2021 日本の年中行事・歳時記 Powered by AFFINGER5