7月の行事 年中行事・歳時記

海の日とは?2021年はいつ?東京オリンピックにより移動

青い海

「海の日」というのは、平成から始まった7月の「国民の祝日」です。

2021年は「東京オリンピック・パラリンピック2020」の影響で、いつもとは違う日に移動しています。

海の日とは?2021年はいつ?についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

海の日とは?

青い海

海の日とは「海の恩恵に感謝し、海洋国『日本』の繁栄を願う日」です(「国民の祝日に関する法律」より)。

丁度この時期に梅雨明けになる場合が多いので、海を楽しめる日という理由も含まれています。

1995年(平成7年)に制定され、翌年の1996年(平成8年)から施行され、国民の祝日の一つになりました。

元々施行された時は7月20日が「海の日」でしたが、2003年(平成15年)にハッピーマンデー制度が始まったことから7月の第3月曜日に変更されました。

 

船と海

海の日が祝日になる以前は「海の記念日」がありました。

この「海の記念日」とは、明治時代に明治天皇が「明治丸」という蒸気船で、北海道や東北を巡航したことを記念して制定されています。

 

スポンサーリンク

「海の日」2021年はいつ?

海と富士山

2003年(平成15年)以降はハッピーマンデー制度により7月の第3月曜日が「海の日」です。

しかし、2021年は「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることから、2021年7月22日(木)に移動しています。

移動した理由は、「東京オリンピック・パラリンピック」の警備をスムーズにし、交通機関を緩和させることを目的としています。

あわせて2021年はその他の休日も移動しています。

  • 海の日:2021年7月22日(木)←7月の第3月曜日である7月19日(月)から移動
  • スポーツの日2021年7月23日(金)←10月11日(月)から移動
  • 山の日:2021年8月8日(日)(8月9日(月)は振替休日)←8月11日(水)から移動

参考:2021年の祝日移動について(首相官邸)

参考:令和3年(2021年)の祝日について(内閣府)

海の日とスポーツの日が移動したことで2021年7月は4連休になります。

  • 7月22日(木):海の日
  • 7月23日(金):スポーツの日
  • 7月23日(土):土曜日
  • 7月23日(日):日曜日

関連記事と広告

-7月の行事, 年中行事・歳時記

© 2021 日本の年中行事・歳時記 Powered by AFFINGER5